清潔にしておく

仮性包茎は機能しているのでそのままでよしとしている人も多いでしょう。
過剰に気にするものでもないと思えますが、皮の余り具合によってはよほど気をつけて清潔にしておかないと、パートナーの病気の原因になってしまうことがあります。
自分はよくても、それではマズイですよね。
私は結婚後、妻が下半身に炎症をおこすことが増えてしまいました。婦人科の医師の診察では、原因は私にあるというのです。
私の仮性包茎の皮に溜まっていたものが炎症を引き起こしていたのです。
まさか、妻の病気の原因が自分だというのは全くの想定外でしたから、驚きました。
子供は作るつもりでしたし、妻を苦しめるわけにはいきません。
こういうことは、いずれ子宮頸がんやなどもっと重大な病気の元となる可能性も高いと聞かされ、手術を受けることにしました。
クリニック探しでは、なるべくすぐに日常生活に戻れるような施術をしてくれるところを探していました。
仕事に差し支えてしまうからで、今まで仮性包茎をそのままにしていたのは、そういう理由からです。
ただ、ことここにいたって多少仕事を休むのも已む無しとしました。
幾つか情報を集め、カウンセリングもした結果、ABCクリニックのお世話になることにしました。
ここを選んだのは手術事例が豊富で執刀医の技術が高いこと、スタッフは全て男性で待っているときなど他の人に合わないような配慮は行き届いていたこと、そして料金が安価なので他の手術も併用できると判断したからです。
手術は短時間で終わり、比較的早く日常生活に復帰することが出来ました。
手術跡もめだたず、皮は見事に向け清潔になったので、妻を病気にする心配もありません。
また長茎術もやったので小作りの回数が増えて夫婦仲が良くなりました。
手術を受けて、全てがいい方向へ向かったと思います。

関連記事: