要介護になったら

自分は仮性包茎ではあったが機能には問題がないレベルで、結婚して子供を持つこともできました。
しかし、子供ができた夫婦の常としてセックスをしなくなり排尿以外の用途にペニスを使わなくなりましたので、加齢とともに短くなってしまい以前よりも皮がかぶった状態になってしまいました。
生活の上で特に支障はないのですが、皮の中で蒸れてしまうのはやはり具合が良くないと思います。
介護を受けることになったらやりにくいでしょうし、友人と温泉旅行に行ったり孫と風呂に入るなど、意外と人前で服を脱ぐ機会もあり、このままではマズイのではないかという思うがだんだんと湧いてきました。
また、これから介護を受けることになれば、これを介護してくれる人見られてしまうというのは恥ずかしいのではないかという思いもありました。
しかし、この歳になってそんな手術を受けたら笑われるのではないかという思いもあり、治療には踏みきれませんでした。

あるとき、ABCクリニックのことを知り、中高年の施術例も多いと聞きました。
予約して話を聞いてみると、自分のような悩みで手術を受ける人は多いとのこと。
年甲斐も無いなどとおくびにも出さないでくれたので、信用できると思ったし嬉し買ったですね。
手術の方は、なんせ歳なので傷が残らない切らない長茎術を選びました。
切る方に比べると倍近い価格ではありましたが、それだけの価値はあったと思います。
手術は短時間でしたし、元の生活にも早く戻れたからです。
それから、手術の結果悩みの種が消えたので、性格も明るく前向きに戻れた気がします。
年のことで躊躇せず、手術を受けてみてよかったです。

関連記事:

    None Found