自分で体験して実感

安物買いの銭失いとよく言いますが、それは格言として言うだけに留めるべきで、自分で体験して実感するものではありません。
先人が残した言葉には意味があるのですから、それを素直にきくべきだったのです。
私は真性包茎の手術を、学生で金がなかったことから保険が効くということで泌尿器科で行なうという大きなミスを犯してしまいました。
雑な傷は残るしちゃんと剥けていないしで、命に別条はないからといって、あまりにメンタル面への配慮がない適当な手術をされてしまいました。
コンプレックからの解放のための手術だったのに、これではますます恥を上塗りするようなものです。
これでは、包茎のままのほうがまだマシだったと言わざるを得ません。
医者に抗議しても機能は問題無いだろの一点張りでした。
後悔の中、ますます消極的になり対人恐怖症寸前だった私は、あるときABCクリニックのことを知りました。
整形なので保険は効かず料金はかかりますが、修正手術が出来るということだったので、カウンセリングしてもらうことにしました。
診察の結果、修正は可能とのことで治療費も提示され、今までで悩みや苦しみもちゃんと理解してくれたので不安は解消されました。
手術は短時間で終了し、傷跡は目立たなくなりましたし、皮が剥けた状態に変貌しました。
結果には非常に満足です。
お金はかかりましたが、これなら最初からここで手術を受けていれば良かったなとも思いました。
包茎の手術は、やはりお金がかかっても専門のクリニックで行なうべきだと実感しました。
見た目が重要なデリケートは箇所ですから、保険が効くからといって泌尿器科での手術は受けないほうがいいでしょう。

関連記事: