最後のひと押し

自分は学生だったので、お金がないのと部活に支障が出るのが問題となり、なかなか包茎の手術を受けられないでいました。
体育会系なので動けなくなるのは将来に不利になるのですが、練習後の風呂で常にまわりの立派な物を見せつけられ仮性包茎の我が身を呪うという状況もメンタル的に良くないと思っていました。
レギュラー争いで蹴落とさなければならない相手なのに、勝負する前から負けている気がしてしまうのでは、闘争心に火がつきません。
一定期間の離脱とメンタルの不利、これを天秤にかけた結果、やはり包茎手術を受けるべきだと決断しました。
ちょうどそのとき、怪我で安静にしなければならなくなったのもきっかけとなりました。
お金の問題は、ABCクリニックの学割を利用することにしました。
さらに分割払いも可能だったので、費用の方はまかなえると判断しました。
先生のカウンセリングでは、症状の診断とともに悩みについてもしっかりと聞いてくれたので不安は解消されました。
これで納得できたことが、手術を決断する最後のひと押しとなりました。
包茎手術と長茎術、どちらも切る方にしましたが傷跡もそれほどではなく、思ったよりも早く回復することができました。ちょうど怪我もあったので休んでも違和感がなかったのも助かりました。
いまでは周囲にも負けないサイズとなって自信がつきました。
何だか負けてるような気分ともおさらばでき、メンタルが充実して結果が出せるようになったのが嬉しいですね。

関連記事: